Mylan Career Special Site

へルスケアの未来を担う

開発試験から品質、安定性試験まで
ものづくりに対する信念を貫き
新製品開発に携わる。

INTERVIEW WITH HIROMI TSUBOUCHI

壺内 裕美

Hiromi Tsubouchi

生産品質保証部 品質テクニカルサービスグループ
2014年入社

妊娠を機に、勝山市出身の夫の実家に移住。出産後は仕事への復帰意欲が高まっていきそんな中、仕事と育児を両立する多くの女性が働く環境に大きな魅力を感じて入社。前職での試験・分析の経験を活かしながら、品質分析や試験などの業務に携わっている。

MY WORK

私の仕事

勝山工場で製造・包装する医薬品に関し、原料から中間製品、製品に至るまで、規格に適合した品質であるかどうかを試験し、医薬品のクオリティーを保証するのが品質保証部の仕事です。その中で、私の所属する品質テクニカルサービスグループは試験に特化し、申請用資料の作成にも携わります。私は製品をつくる際に用いる原料の品質試験や、新製品の開発試験・品質試験・安定性試験といった業務に携わっています。さらには前職の経験を活かして、「ガスクロマトグラフ装置」の操作も担当させてもらっています。また、品質試験を行う際に必要な、試薬の購入や在庫管理なども、大切な仕事のうちの一つです。

仕事の醍醐味は?

新しい製品の開発に携われることが、この仕事の醍醐味です。ゼロから薬を開発するわけですから、もちろん様々な困難に直面しますし、当初の想定とは違う結果になることもしばしばです。例えば機器の設定一つとってみても、そう簡単にいくことはなく、試行錯誤を繰り返しながら調整していかなければなりません。まさに「産みの苦しみ」を味わうのですが、そうやって一つひとつの問題をクリアしながら新しい製品が開発できたときには、一際大きな達成感や喜びが味わえます。また、自分が取り組んでいる業務がスムーズな製造工程の確立や、確かな品質試験方法の構築につながっていると思うと、非常にやりがいを感じます。

前職との違いを感じたことは?

マイランでは標準操作手順書(SOP)が詳細に定められていて、「決められたことは決められた通りに行う」ことが徹底されている点に驚きました。さらに印象的だったのは、定められているSOPは分析方法の妥当性が十分に確認されていることです。その根本にある考え方には、とても共感しました。ただ、せっかくSOPが定められているにもかかわらず、入社当初は過去の経験を元に試験を進めてしまいそうになることが多々ありました。「それではいけない」と自制し、SOPを確認しながら手順通りの方法で正確に試験することを意識しました。慣れるまでには、四苦八苦しました。また、製薬業界は初めてだったため、「日本薬局方」や「GMP」などの基礎用語さえ知りませんでした。入社後は資格取得を通じて知識の獲得に努めたほか、日々分からないことがあれば自分で調べるよう習慣づけています。

成長したなと感じることは?

これまでは分析関係の基礎知識が足りないと感じ、「公害防止管理者」「環境計量士」などの資格取得を通じ、知識の習得に励んできました。また、製薬業界に関する法律の知識、あるいは数多くある機器に関する基礎知識がまだまだ不足しているという自覚があるものの、最近では新しく配属されてくる人たちを指導する機会も増えてきました。教えるとはこんなに難しいものかと感じる日々ですが、一方で人に教えることの楽しさも感じられるようになっています。そう思えるようになったのは、毎回、意識的に教え方を変えるようになってからです。上手くいったときの方法で指導にあたると、より深く理解してもらえます。

3年後の理想像は?

私は「自分に知らないことがある」ということに納得がいかない性格です。ですから、マイランで製造している製品に関しては、原料から製造工程、包装、検査工程、そして販売に至るまで、すべてを知りたいと思っています。どんな原料を使い、どんな製造工程を経て、どうやって売られているかを把握することで、今後いかなる仕事を任されても迅速に順応することができるはずです。そうすれば、会社の発展に一層貢献できると考えます。今携わっている業務に関することはもちろん、マイラン全体のこと、ひいては製薬業界全般に関することまで貪欲に知識を吸収することで、「勝山工場に壺内あり!」と言われるような存在になっていたい。それが私の理想とする3年後の自分像です。

メッセージ

最初は畑違いの業界で苦労することもありましたが、業界未経験でもしっかりフォローしてくれる体制がマイランには整っています。「世界70億の人々に高品質な医薬品をお届けする」というミッションに共感した人は、ぜひマイランの門を叩いてみてください。

ONE DAY SCHEDULE

AM
子どもを保育園に預けた後、出社
器具を準備し、実験を行う
Lunch
昼食
PM
午後の実験を開始する
実験で得られたデータを整理する
試薬の受け入れ、発注業務を行う
今日1日の報告書を作成し、メールを確認した後退社